アクセスカウンタ

花       結  (はなゆい)

プロフィール

ブログ名
花 結 (はなゆい)
ブログ紹介
愛知・静岡・長野3県の県境の土地に暮らしています。
山ひだの間に川が流れ、ささやかな土地は田んぼに、
家屋は肩を寄せ合うように建っています。

家族が食べるだけの米を作り、収穫が終われば
生活は祭支度一色となります。
11月から1月・3月は祭の季節!!寒ければ寒いほど、
熱く歓喜の渦に沸き返ります。

ながくながく受けつがれてきた祭は、
その土地の暮らしと人々の心があってこそ。
その本当の姿をたいせつにお伝えしたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
月替わり まつりアルバム<10月> もうひとつの花祭 愛知県奥三河 花祭点描
  月替わりで、祭の写真を並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/01 23:36
中干し
中干し  梅雨時で雨が続いていますが、間をぬって水を止める「中干し」を1週間行いました。  成長を始めた苗が、より一層根を張ってくれるようにと水分を減らします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 21:01
田植え
田植え  ほとんどは機械がやってくれますが、連休中に田植えを終えることができました。  すこし寒いような日が続いていますが、水を張った田んぼなら、日中暖められた水で保温されるので、イネにとっては安定した環境になります。    今年も、小学5年生になった祭の仲間がお母さんとともに手伝いに来てくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/08 11:28
代掻き(しろかき)
代掻き(しろかき)  4月28・29日で、代掻きをしました。水が引かれた田の土を水とともにほぐして柔らかくします。肥料分もいきわたります。この田んぼは小さいので、手押しの機械しか使えませんが、乗用の大きな耕耘機でやればずいぶん短時間でできます。機械は、2〜3回繰り返して縦横に往復します。我が家では、大きい田んぼの分は農協の機械に委託してやってもらいますが、委託料が結構かかるので、できるところは自分でやります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/04 19:43
水を引く
水を引く  川から水を引いて、田んぼに水を張り始めました。ここに至るまででも、川の取水口から田んぼに至るまで水路の砂利を掻き出したり、水量を調整したりとやることはいろいろあります。  また、届いた苗には1日2〜3回の水やりとビニルハウスの温度調整があり、連休は忙しくなります。低温ゆえのハウスではありますが、あまり暖かくしてばかりでは苗に「しまり」がなくなるので、霜にあてない程度にしています。(まだ夜間は0℃前後になる日もあります)イネ苗は2センチ程度の浅い箱に入っているので、水切れにも気を使い、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/28 18:19
冬眠中
冬眠中  祭に熱狂した数か月が過ぎ、そのあとの春を迎えるいくつかの小さな行事も終わると、本格的な春とともに「冬眠」の時期がやってきます。  寒ければ寒いほど盛り上がったまつりですから、あとは再び冷たい風が吹き始めるのを(気持ちの上では)静かにじっと待つのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 18:02
藁の鹿
藁の鹿  去る4月12日、長野県下伊那郡天龍村大河内に出かけました。  「鹿追い」という春の行事に参加するためです。  用意するものは、袋入りの菓子。小袋入りの煎餅やクッキーなどみつくろって3〜4種類、包装紙に包んで持参です。熨斗紙をかける人もいます。  池大神社という神社まで皆で上っていき、ゆっくりと準備を整えると、まず神事、そして「鹿追い」が始まります。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 01:57
イネ苗 届く
イネ苗 届く  4月23日、稲の苗が届きました。ビニルハウスで田植えまでの10日間、温度管理しながらなるべくしっかりした苗になるように育てます。  品種はチヨニシキとミネアサヒ。日照時間が短かい山間地用の品種です。性質にもちゃんと違いがあり、食味にも違いが分かります。開花時期に少し違いがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/26 15:27
トンボは関係ないけれど
トンボは関係ないけれど  いわゆる「赤とんぼ」がイネの上を飛び始めた。同じ胴体が赤くなるトンボでも、田んぼの上空を獲物を追って常に飛び続けている、アキアカネの仲間のトンボと、ほとんどイネの葉にじっととどまっているミヤマアカネと、大きく分けると二つのグループがある。  画像は若いミヤマアカネ。ヤグルマトンボともいい、飛んでいる様子はまさにこいのぼりの上の矢車。はばたくように短距離を移動する。秋になるとオスは赤くなる。アキアカネたちのツィーと直線的な飛び方とは違っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/06 20:28
田んぼから始まる
田んぼから始まる  私たちのまつり当日まで、あと3か月ほどとなった。田んぼではちょうどイネが花を開き始めた。  まつりではさまざまな祭具が、稲わらによって作り出される。藁草履(藁草履)、草鞋(わらじ)はもちろん、菰(こも)、莚(むしろ)、注連縄(しめなわ)、藁苞(わらづと)、湯束(ゆたぶさ)…。  まつりの目的のひとつが五穀豊穣祈願・収穫感謝といわれるものの、祭り従事者でさえ農業に携わらない人の割合が多くなってしまっている中で、藁を刻んで撒き、田起こしし、肥料をまいては代掻きし、田植えする、そんな「耕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 18:24

月別リンク

花 結 (はなゆい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる